アロエフレッシュはカサカサ湿疹を治す効果があります

アロエフレッシュはカサカサ湿疹を治す効果があります

カサカサの 湿疹・現在、皮膚病といわれる病気のうち4分の1が湿診で、非常に広範囲にみられるものです。湿疹は一般的には、急性湿診と慢性湿診に分けられる。急性湿診はじとじとして、かゆみが伴うもので、赤いブツブツがずい所にできます。ぶつぶつが水ぶくれになり、ただれたり、またかさぶたになったりします。一方、慢性湿診はぶつぶつがやがて硬くなり、患部が厚く固まってしまうものです。しかし、急性湿診が発展して慢性になるというわけではありません。また、便宜上、原因による分類もあります。接触皮膚炎、アトピ-性湿診、貨幣状湿診、脂漏性湿診などです。患者が小児の場合には、小児急性湿診もあります。接触皮膚炎・・・皮膚にとって刺激性の強い物や液が、直接触れるとおこる湿診です。最近非常に多くなっています。原因となる刺激物としては、古くからあるものとしてはウルシがあります。木々の葉または植物の葉にもあります。新しい所では石鹸、洗剤、化粧品、ナイロン、テトロンなどの化学繊維。指輪や時計などの金属類などがあります。その他、特殊な薬品を使用する工場での職業病もあります。接触皮膚炎による湿診にかかった場合には、まず、原因となる刺激物が何であるかを確認してください。アトピ-性湿診・・・この湿診は遺伝によって受け継がれます。アレルギ-性鼻炎などの家系に多いといわれます。暑さ、寒さ、ほこりや動物の毛などに触れるとおこります。貨幣状湿診・・・湿診が貨幣の様な形をしています。中年以上の人に多くみられます。脂漏性湿診・・・頭やわきの下など、皮脂の多い所にできます。境界がはつきりしているのが特徴です。かゆみはそれほど強くありません。小児急性湿診・・・乳児によくできるもので、顔や頭などに赤い小さなボツボツがたくさん出てきます。かゆいために乳児が自分でかく為、傷になったり、ただれたりします。治療・・・・・湿診の治療にもアロエフレッシュは大変よく効きます。消炎作用がある為、患部に穏やかに作用し、激しいかゆみもとり除いてくれます。接触皮膚炎である場合は、まず原因となる刺激物が何かを確かめて、直ぐにそれを遠ざけて下さい。次に症状が軽い場合ですと、アロエフレッシュを患部に塗ってください。これを何度か続けるうち、かゆみがとれブツブツもひいてきます。症状がかなり進んでいると思われる場合には、アロエフレッシュを患部に貼り、アロエフレッシュの湿布をしてやるといいです。かゆみや腫れがひくまで、何度もなども、繰り返して下さい。ほとんど完全に治ってしまいます。ただしアトピ-性湿診の場合には遺伝性のものですから、医師に相談してください。赤ちゃんのおむつかぶれやあせもなどにも、アロエはよく効きます。赤ちゃんによってはアロエが強すぎて拒否反応をしめす場合もあります。最初少しずつアロエを使用してみて下さい。かぶれがひどくなる様でしたら、やめて下さい。アロエを塗ってやった後、ベビーパウダ-をつけると炎症をおこすことが少ないようです。尚。アロエの生葉などは多くの菌が付着しています。葉、葉の中の果肉(ジェル)にも菌が一杯いますから使用しないで下さい。アロエフレッシュは低温殺菌処理しています。安心してご使用ください。