キダチアロエの抗ガン作用の働きがあるのはアロエフレッシュです

キダチアロエの抗ガン作用の働きがあるのはアロエフレッシュです

二十一世紀への医学の課題をキダチアロエが克服する。二十一世紀に向けて、ガンの克服は医学に課せられた最大の課題といえるでしょう。最近の研究では、がんができる過程には二つの階段があるといわれている。まず、発ガンイニシエーション(仕掛け)因子が細胞の遺伝子に作用して突然変異(前ガン病変)を起こします。次にそこへ発がんプロモ-ション(促進)因子が作用して細胞の増殖を促し、腫瘍の発生に至るのです。一方食物に含まれている様々な抗酸化物質にラットの肝臓ガンの発生過程に対する抑制作用があることが発見され、注目を集めている。キダチアロエの抗ガン作用についても盛んに研究が行われておりて、すでにキダチアロエから分子量1万以下のペプチド、分子量約1万5000の多糖類、分子量約1万8000~3万6000の糖タンパク質など抗ガン作用を持っ物質が発表されています。アロエ成分はIQによる発ガン・イニシエーションに対して、予防的に働き、その作用を抑制する効果を持っと考えられています。アロエは発ガン物質を摂取する前にでも後でも、いずれの場合にも前ガン病変の状態を抑制する事がわかりました。そのメカニズムついては、現在まで確かなことはわかっていません。しかし、キダチアロエの成分のうちの抗酸化物質が直接ガン細胞の

増殖を抑えたり、発ガン物質を無毒化したか、あるいはアロエのなかには生体の抵抗力や免疫力などの生体防御機能を高める物質が含まれており、発がん物質が排泄(はいせつ)されたり、ガン細胞を攻撃したりするようになったと考えられる。これらのメカニズムの中でも、特に注目したいのがアロエの免疫力に与える作用です。私たちの実験では増殖力に優れていることから肝臓がんを使用しています。肝臓は{無言の臓器}と呼ばれるように、なかなか傷みをともなった症状があらはれず、痛みを感じるほどに症状が進展してしまった場合には手遅れになってしまいます。しかし肝臓には、非常に修復が高く、早期発見することができれば外科的に治療することが可能であるという一面もあります。さらに肝臓ガンはほかの臓器に転移しやすいことなどから、前ガン状態のうちに発生を抑制することが大切であることも、私たちが特に肝臓ガンの前ガン病辺に取り組む理由です。今後は日本人に多い胃ガンや近年増加している大腸ガンなどを対象にした研究も進めていく必要があるかと思います。現在の私たちが、まず考えなければならないのは、こうしたガンを予防することであります。キダチアロエにはガンかかりにくい身体をつくる健康食品としての働きがあります。私たちの日常生活の中には、様々なガンの因子があります。イニシエータ-やプロモ-タ-が存在しています。タバコやカビ、魚の焦げなら、注意すればそれらの摂取を防げるかもしれません。しかし大気汚染や、あるいは多くの食品に添加されている参加防止剤など。その他の色々な物は完全には避けられません。ガンを予防するためには、日頃からキダチアロエ(アロエフレッシュ)の成分を摂り、発ガン物質を摂ってしまった時にもすぐに排泄してしまう抵抗力の強い体を作っておくことが大切です。(藤田啓介監修の本を文献を引用しました)