アロエフレッシュは薬効成分の相乗効果で健康な胃腸をつくる

アロエフレッシュは薬効成分の相乗効果で健康な胃腸をつくる

アロエの薬効のひとつに健胃整腸効果があります。これは主としてアロエの低分子量成分であるアロインが持つ苦味の成分によって胃を刺激して消化酵素であるペプシンの分泌を促すというものです。またアロインには大腸を刺激して排便を促す瀉下(しゃか))効果もあります。これらの作用は日本薬局方でも紹介されており、古くから認められています。一方で、アロエの高分子量成分であるカルボキシペプチダ-ゼやプロテア-ゼ・インヒビターの作用も見逃せません。カルボキシペプチダ-ゼは胃炎や胃腸症などを抗炎症作用によって治癒に向かわせ、またプロテア-ゼ・インヒビターの抗ペプシン作用が消化性胃腸の進行を食い止めます。一見すると相反する作用を持った成分が混在しているように思えますが、それぞれの症状に合わせて摂取量を調整することによって、アロエは胃腸を健康な状態にしていく作用があります。キダチアロエの安心安全・無添加・低温殺菌のアロエフレッシュをご愛飲下さい。ご家族全員の健康の常備薬として、アロエフレッシュを1本冷蔵庫保管してください。