血液がサラサラで糖尿病にも効果ある食品はアロエフレッシュです

血液がサラサラで糖尿病にも効果ある食品はアロエフレッシュです

現代は飽食の時代です。多忙を極める現代人は、恒常的な運動不足に陥っている事も加わって、糖尿病は成人病の代表的なものになっています。アロエは糖尿病に効果があると、昔から言われています。実際、糖尿病の人がアロエフレッシュを飲み続けることによって、血糖調整剤であるインスリンの投与量が少なくなったとか、血糖値が発病とのボ-ダーライン上にあった人がアロエフレッシュを飲み始めたら、正常値になったという体験談を数多く聞きます。それでは糖尿病はどんなメカニズムで発病するのでしょうか。人間は、食事として口から入っ澱粉などを胃や腸で消化吸収し、血中にグルコースとして取り込み、さらにそのグルコースを細胞に取り込んで細胞が活動するためのエネルギ-源としています。

ここで、血中グルコ-スを取り込む反応の仲介役を果たしているのがインスリンという物質です。インスリンは膵臓にあるランゲルハンス島(膵島)のなかの膵β(ベ-タ-)細胞で生成され、分泌されています。糖尿病という病気はインスリン不足したり、うまく作用しなくなり、細胞がグルコ-スを取り込めなくなった状態です。こうした糖尿病のタイプ(型)は、インスリン依存型とインスリン非依存型の二種類に分類することができます。まず、インスリン依存型は、膵臓の膵β細胞が欠落している場合で、子供たちが糖尿病になる若年性糖尿病は、ほとんどがこの原因によるものです。インスリンが生産されず欠乏態状態になる為、毎日インスリンを注射しなければ生きていけない糖尿病です。一方インスリン非依存型は、運動不足などによる肥満や暴飲暴食によって細胞表面にあるインスリン・レセプタ-が働かなくなり、その結果インスリンの作用が阻害される事が原因です。膵β細胞はほぼ正常な形で存在していることから、インスリンを注射しなくても、食事療法などでコントロールすることができます。成人世代が肥満をきっかに陥るのはこのインスリン非依存型で、日本人の糖尿病患者の九割がこの型といわれています。実験で糖尿病マウスにキダチアロエを与えてやると、300mg/dl以状あった血糖値が正常値を示すようになった。キダチアロエにはインスリンやオイグルコンといった血糖降下剤とほとんど同等の効果があることが、実験で確認されました。このことは、マウスにキダチアロエを与えながら強制的に餌をとらせた場合でも血糖値が下がるという実験でも確かめられました。こうした作用は非常に画期的なことです。こうした作用はなぜ起きるのか。インスリン依存型のマウスの実験では血中のインスリン量が少ないにもかかわらず血糖値が下がっています。これは、キダチアロエの成分の細胞を賦活する作用によって肝臓が活性化されて脂肪代謝が盛んになったためにグルコースが減っか、あるいはキダチアロエの成分が血中グルコ-スに直接作用して血糖値を下げたとも考えられる。キダチアロエが糖尿病に効くということは、マウスの実験を通して裏付けられていますい。キダチアロエ葉、多肉質部分と葉肉部分にそれぞれ含まれている成分の相乗効果によって、血糖値を下げ、正常値を保つ効果があるといえるでしょう。そこでアロエフレッシュを毎日飲み血糖値を下げることをお願いします。