足が痒いもしかしたら糖尿病かも、その時はアロエフレッシュをお飲みください

足が痒いもしかしたら糖尿病かも、その時はアロエフレッシュをお飲みください

成人病の代表である、糖尿病。アロエは糖尿病に良いと昔から言われてきました。実際アロエフレッシュを飲み続けることによって、血糖調節剤であるインスリンの等与量が少なくなったとか、血糖値が正常値になったという体験談を聞きます。

運動不足などによる肥満や暴飲暴食によって細胞表面にあるインスリン・レセプターが働かなくなり、その結果インスリンの作用が阻害されることが原因です。

レセプター(受容体)とは、細胞膜表面に数多く存在する受信装置のようなものです。
インスリン(インシュリン)は血液中のブドウ糖を体中の細胞内にエネルギーとして取り入れるための働きをしていますが、これは細胞側にあるレセプターの受け入れる働きがしっかり機能してこそ成立します。

つまり、インスリンを受け取るレセプターであるインスリン受容体の働きが悪いと、いくらインスリンの量や作用がしっかりしていてもブドウ糖をなかなか細胞内に取り入れることができず、血糖値が高いままになってしまいます。

この、細胞のインスリン受容体がうまく働かず、インスリンの作用をうけにくくなったり、受けなかったりする状態を、インスリン抵抗性といいます。 成人病世代が肥満をきっかけにおちいるはこのインスリン非依存症型の糖尿病で日本人の9割がこの型と言われています。足が痛い、疲れる、体がだるい、目が疲れるこのような症状が認められたら、すぐにアロエフレシュをお飲みください。 1日1回お飲みください。