お知らせ

アロエフレッシュはカサカサ湿疹を治す効果があります

アロエフレッシュはカサカサ湿疹を治す効果があります

カサカサの 湿疹・現在、皮膚病といわれる病気のうち4分の1が湿診で、非常に広範囲にみられるものです。湿疹は一般的には、急性湿診と慢性湿診に分けられる。急性湿診はじとじとして、かゆみが伴うもので、赤いブツブツがずい所にできます。ぶつぶつが水ぶくれになり、ただれたり、またかさぶたになったりします。一方、慢性湿診はぶつぶつがやがて硬くなり、患部が厚く固まってしまうものです。しかし、急性湿診が発展して慢性になるというわけではありません。また、便宜上、原因による分類もあります。接触皮膚炎、アトピ-性湿診、貨幣状湿診、脂漏性湿診などです。患者が小児の場合には、小児急性湿診もあります。接触皮膚炎・・・皮膚にとって刺激性の強い物や液が、直接触れるとおこる湿診です。最近非常に多くなっています。原因となる刺激物としては、古くからあるものとしてはウルシがあります。木々の葉または植物の葉にもあります。新しい所では石鹸、洗剤、化粧品、ナイロン、テトロンなどの化学繊維。指輪や時計などの金属類などがあります。その他、特殊な薬品を使用する工場での職業病もあります。接触皮膚炎による湿診にかかった場合には、まず、原因となる刺激物が何であるかを確認してください。アトピ-性湿診・・・この湿診は遺伝によって受け継がれます。アレルギ-性鼻炎などの家系に多いといわれます。暑さ、寒さ、ほこりや動物の毛などに触れるとおこります。貨幣状湿診・・・湿診が貨幣の様な形をしています。中年以上の人に多くみられます。脂漏性湿診・・・頭やわきの下など、皮脂の多い所にできます。境界がはつきりしているのが特徴です。かゆみはそれほど強くありません。小児急性湿診・・・乳児によくできるもので、顔や頭などに赤い小さなボツボツがたくさん出てきます。かゆいために乳児が自分でかく為、傷になったり、ただれたりします。治療・・・・・湿診の治療にもアロエフレッシュは大変よく効きます。消炎作用がある為、患部に穏やかに作用し、激しいかゆみもとり除いてくれます。接触皮膚炎である場合は、まず原因となる刺激物が何かを確かめて、直ぐにそれを遠ざけて下さい。次に症状が軽い場合ですと、アロエフレッシュを患部に塗ってください。これを何度か続けるうち、かゆみがとれブツブツもひいてきます。症状がかなり進んでいると思われる場合には、アロエフレッシュを患部に貼り、アロエフレッシュの湿布をしてやるといいです。かゆみや腫れがひくまで、何度もなども、繰り返して下さい。ほとんど完全に治ってしまいます。ただしアトピ-性湿診の場合には遺伝性のものですから、医師に相談してください。赤ちゃんのおむつかぶれやあせもなどにも、アロエはよく効きます。赤ちゃんによってはアロエが強すぎて拒否反応をしめす場合もあります。最初少しずつアロエを使用してみて下さい。かぶれがひどくなる様でしたら、やめて下さい。アロエを塗ってやった後、ベビーパウダ-をつけると炎症をおこすことが少ないようです。尚。アロエの生葉などは多くの菌が付着しています。葉、葉の中の果肉(ジェル)にも菌が一杯いますから使用しないで下さい。アロエフレッシュは低温殺菌処理しています。安心してご使用ください。    

やけど対処方法はアロエフレッシユを使用してください

やけど対処方法はアロエフレッシユを使用してください

炎症の中でも、キダチアロエは特に火傷の治療に効果が大きと、昔からいわれてきました。はれや水ぶくれ、ほてり、痛みなどをともなう浅い火傷。キダチアロエのアロエフレッシュを塗ったり貼ると、腫れはすみやかにひき、痛みもやはわらぐと言われています。   一般的火傷はその深さと程度によって。 1.表面が赤くなり熱を持った状態。止まっている状態 2.表面が赤くなり水ぶくれができる。炎症は表皮で止まっている状態。 3.水ぶくれができ、表皮がむけて湿っている。炎症が脂肪層まで達した状態。 4.黒焦げなったり、白くなって乾燥してたりして、患部は冷たくなり、痛みを  通り越して感じない状態。ケロイドになりやすい。 の4つに分類される。 家庭内で日常的に起こる火傷、つまり80から90度Cのお湯が手にかかった程度の火傷は、ほとんどが1~2度の軽いものです。特にお医者さんの治療をうけなくとも、アロエフレッシュを塗ったり貼ったりすれば治るといわれます。 但し、火傷になったら、直ぐに塗ってください。早けれれば速いほど治りが、 早くなります。顔などはアロエフレッシュを塗って、直ぐにお医者さんの治療を受けて下さい。 アロエは火傷の特効薬として、昔から良く知られています。実際、火傷は、アロエが最も効果を発揮する一つです。 火傷をしたら、何はともあれ、直ぐに患部を冷やすことが大事です。冷やすのは氷より、水道の流水(水道の水を出しぱなしにした状態)が最も効果的です。火傷の箇所が衣服でおおわれていたら、衣服の上から水道の流水をかけてください。患部には水圧をかけないで下さい。水圧で患部を刺激しないためです。患部に20分から30分、流水をかけたら、衣服をそっとはがして、アロエフレッシュを塗ってください。ガーゼにアロエフレッシュをしみ込ませ【液が垂れるほど】、患部に貼ってください。乾いたら、また、ガーゼにアロエフレッシュを垂らして貼ってください。何度も繰り返して下さい。火傷の跡を残さないためにも、素早く、適切な処置をしなければなりません。火傷でもっともきになるなのが火傷の跡。女性なら、特に心配です。症状の程度にもよりますが、火傷の跡が残るのは、処置が悪い事に原因があります。味噌を塗るなど不適切な民間療法で、細菌感染を起こして悪化させることがあります。その点、アロエフレッシュは細菌を感染さることなく。炎症を抑える作用(抗炎症効果)があります。アロエフレッシュを常用することによって、火傷受傷後の早い段階でアロエ・カルボキシペブチダ‐ゼがブラジキニンを分解し、高い抗炎症効果が得られます。アロエの火傷に対する効果は、早く治すという以上に、まず炎症の進行を止め、火傷を悪化させない点にあります。 アロエにはアロエチンという成分があります。アロエチンは細菌感染を防ぐ効果もあります。さらに、アロエには皮膚組織を再生する効果もありますので、下から新しい組織が盛り上がって、早く、後を残さず、綺麗に治るのです。  

足が痒いもしかしたら糖尿病かも、その時はアロエフレッシュをお飲みください

足が痒いもしかしたら糖尿病かも、その時はアロエフレッシュをお飲みください

成人病の代表である、糖尿病。アロエは糖尿病に良いと昔から言われてきました。実際アロエフレッシュを飲み続けることによって、血糖調節剤であるインスリンの等与量が少なくなったとか、血糖値が正常値になったという体験談を聞きます。 運動不足などによる肥満や暴飲暴食によって細胞表面にあるインスリン・レセプターが働かなくなり、その結果インスリンの作用が阻害されることが原因です。 レセプター(受容体)とは、細胞膜表面に数多く存在する受信装置のようなものです。インスリン(インシュリン)は血液中のブドウ糖を体中の細胞内にエネルギーとして取り入れるための働きをしていますが、これは細胞側にあるレセプターの受け入れる働きがしっかり機能してこそ成立します。つまり、インスリンを受け取るレセプターであるインスリン受容体の働きが悪いと、いくらインスリンの量や作用がしっかりしていてもブドウ糖をなかなか細胞内に取り入れることができず、血糖値が高いままになってしまいます。この、細胞のインスリン受容体がうまく働かず、インスリンの作用をうけにくくなったり、受けなかったりする状態を、インスリン抵抗性といいます。 成人病世代が肥満をきっかけにおちいるはこのインスリン非依存症型の糖尿病で日本人の9割がこの型と言われています。足が痛い、疲れる、体がだるい、目が疲れるこのような症状が認められたら、すぐにアロエフレシュをお飲みください。 1日1回お飲みください。